※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Gw ../ ../

ソフトウェア名 Gw [がぅ]
Version 0.4
作者(敬称略) Makosuke
配布元 Makosuke's Tele-Call Page
この辺り
ソフトウェア形態 フリーソフトウェア
ソース 非公開

紹介

概要

任意のMMPを背景にできるデジタル表示の時計。
デジタル時計には大きさの違う3種類のフォーマットが用意されている。
ただMMPを表示するだけでなく、
あらかじめMMPを用意しておけば、一時間毎に自動的に切り替えることができる。

もう少し詳しく

バンク
まず、SYSTEM\MMP直下にGWという名称でフォルダを作る。
Gwに使うMMPファイルは、その下に、さらにフォルダを作り、その中に配置する。
このGW下におく画像のセットの入ったフォルダのことを、「バンク」と呼ぶ。
Gwは最大で10バンクまで対応できる。
上のスクリーンショットでいえば、「GW_MMP」「RINDOWS」がバンクだ。

バンクの中には00.MMP~23.MMPという名称でMMPファイルを入れる。
00.MMPなら0時、01.MMPなら1時というように切り替わるワケだ。

もっとも、必ずしも00.MMP~23.MMP、計24個入れる必要はなく、
少ない場合には、ある分で補われる。
例えば、01.MMP一個だけでも利用することはできる。
詳しく知りたい場合は、付属しているマニュアルを読んでほしい。

作成例
例えばこんな感じ。


JOKEだよ。もちろん。


(スクリーンショット情報)
一番上の表でつかっている背景MMPはMakosukeさんのサイトからお借りしました。
全:RuputerPRO + 画面キャプチャ(rupcaptu) ver1.00
おまけ->