「漢字表記の時計」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

漢字表記の時計」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

-*漢字表記の時計 &small(){[[../>時計]]}&small(){[[../>ユーザーズソフト]]}
-|CENTER:BGCOLOR(#FFEFD5):ソフトウェア名|CENTER:BGCOLOR(#F0FFFF):&bold(){漢字表記の時計}|BGCOLOR(#FFFFFF):&image(kclock01.BMP)|
+*漢字表記の時計 &small(){[[../>時計]]}
+|CENTER:BGCOLOR(#FFEFD5):ソフトウェア名|CENTER:BGCOLOR(#F0FFFF):&bold(){漢字表記の時計}|BGCOLOR(#FFFFFF):&image(kclock01.bmp)|
 |CENTER:BGCOLOR(#FFEFD5):現Version|CENTER:BGCOLOR(#F0FFFF):&bold(){一版}|~|
 |CENTER:BGCOLOR(#FFEFD5):作者(敬称略)|CENTER:BGCOLOR(#F0FFFF):&bold(){油谷 龍志郎}|~|
-|CENTER:BGCOLOR(#FFEFD5):配布元&br()<転載中>|CENTER:BGCOLOR(#F0FFFF):&bold(){[[転載所]]}|CENTER:BGCOLOR(#FFFFFF):&image(kclock02.BMP)|
+|CENTER:BGCOLOR(#FFEFD5):配布元&br()<転載中>|CENTER:BGCOLOR(#F0FFFF):&bold(){[[転載所]]}|CENTER:BGCOLOR(#FFFFFF):&image(kclock02.bmp)|
 |CENTER:BGCOLOR(#FFEFD5):ソフトウェア形態|CENTER:BGCOLOR(#F0FFFF):&bold(){フリーソフトウェア}|~|
 |CENTER:BGCOLOR(#FFEFD5):ソース|CENTER:BGCOLOR(#F0FFFF):&bold(){非公開}|~|
 
 **紹介
 ***概要
 全体が漢字で統一されている
-まるで藩札のような和風テイストを持つ時計。
+まるで藩札のような和風テヰストを持つ時計。
 月は和名(睦月・如月など)で表現される。
 二十四節気(冬至・夏至など)も表示、
 さらには江戸時間にも対応しているという充実ぶりが魅力だ。
 ***もう少し詳しく
 ****難/普通/易
 設定で漢字表示の度合いを調節できる。それぞれ次のような表示になる。
 
 (難)
-&image(kclock02.BMP)
+&image(kclock02.bmp)
 (普通)
-&image(kclock03.BMP)
+&image(kclock03.bmp)
 (易)
-&image(kclock04.BMP)
+&image(kclock04.bmp)
 十が「拾」であるのに違和感があるような現代っ子には「易」が良いだろう。
 ****江戸時間
 編集者は江戸っ子ではない。以下は受け売りである。
 
 &bold(){明/暮 Xツ}(明暮)
 ・日が出ている間(昼間)・日が沈んでいる間(夜間)をそれぞれ六等分する。
 ・日の出を「明六ツ」、日の入を「暮六ツ」とする。
 ・六ツから始まり四ツまで減る。四ツの次は九ツに飛ぶ。そして六ツまで戻る。
 (明六ツ->五->四->九->八->七->暮六ツ->五->四->九->八->七->明六ツ)
 
 &bold(){干支 + X}(干支)
 ・先の十二等分した時間「刻」にそれぞれ十二支を当てる。
 (十二支:子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)
 ・真夜中(暮九ツ)を子の刻として始める。
 ・刻は四分割する。(X)
 
 
 
 -----
 (スクリーンショット情報)
 全:Ruputer PRO +  画面キャプチャ(rupcaptu) ver1.00
 -----