大東流合気柔術は、会津藩に代々伝えられてきた殿中武芸です。
近世になり、”大東流中興の祖”といわれる武田惣角が、全国を行脚しながら一般の人々に流儀を公開されました。
技の特徴は、動きが非常に小さく、又、柔らかく繊細で、触れた瞬間に技が掛かります。
”無形文化財””国宝的秘儀”と称されるその技は、力を用いない合理的なもので、瞬時に相手を崩し制するものであります。