かたつむりライントレーサーを動かそう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タミヤのロボット「かたつむりライントレーサー」について


このページはまだ発展途上です

多くの方々の編集をお待ちしております

このページについてのお話は下記掲示板でお願いします


かたつむりのボディーを用いて、何かのロボットを作る。
ハードに色々難アリだが、素材としては悪くない。
(かたつむりは全部ディスクリート[プログラミング不可の素子、とでもいえばいいかな?]なのでプログラミングで動きを変えるような応用が利かない)
利点
  • 日本のどこでも買える。
  • 容積も十分
  • すでにライントレースに適したハード
(もともとライントレース用だし)

難点
  • 改造前提なのに高い…かも(定価2700円ぐらい)

改造を考えるとさらに難点が…。
  • モーターの固定部分がマブチ130サイズ専用
(特に中央のモータ支柱のせいか二つのモータの軸の間隔が大きいのは致命的のレベルかと…)
(なぜって?本体と同じとはいえヴィストンのエンコーダキットが使えないんだなコレが…)
(よってケース加工でカタツムリの家側に加工を加えて、秋月の機械式エンコーダ[200円で1つ ttp://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00292/]と
余りそうなタミヤのプラギアあたりでも積むしかない。)
  • 電池ホルダーが既存のものでAA(単三)二本のみ
(ノーマルな130の定格を考えると妥当なんだけど…ニッ水で2.6V程度?マイコンやモータードライバを動かすなら力不足かと)


ロボットを作ろうwikiについて語る2chスレッド


  • 公式ホームページ
  • かたつむりライントレーサープロモーションビデオ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル