STM8S-Discovery


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

STM8Sマイコン評価ボード STM8S-Discovery
秋月電子で売っている、マイコンボードの紹介ページ
ttp://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-03457/

公式サイトはこちら
ttp://www.st.com/jp/evalboard/product/247087.jsp
(デザイン・サポートよりPDFファイルで資料を確認可能)

利点
  • 書き込み機と評価用マイコンボードの構成、全込み750円
  • これを買えばマイコンと書き込み器が付いてくる。(基盤に切りカキがあるのでサイズをケチりたい時には切り離しも可能?)
  • 普及用の商品の為、ソフトやコンパイラ、統合開発環境などはフリーのものも有る。
(無償コンパイラはコードのサイズ制限がかけられているものの、32kのROM容量のうち2K~16Kまで使える模様、利用可能なサイズはコンパイラによって違う)
  • 利用可能なソースもすでに公式にそれなりにある

欠点
  • 外国製なので、ドキュメントは英語ばっかり
  • 国内であまり取り上げられてない。(CQ出版のWebサイトで一応取り上げられている)
  • 秋月でもこれと同じマイコンだけ販売しいはしていない。
(購入するたびに下手をすると書き込み器側が無駄に増えるw)
(ただ書き込み器側もARMコア込みのSTMのマイコンなのでその気になれば書きこめる…らしい)


他の選択肢に対して格安だがC言語なりBasicなりも知識が必要になる。
また回路設計、半田付け、テストなどの工程をくぐらないとモノにならず、また数A程度ながす回路をつくるのでけっこう危険。
(特に電池の破裂、回路の爆発、発煙等の可能性あり。)
とまあ脅すようですが、本当ですので気をつけてください。

で、このページではこのマイコンボードを元にロボット用のボードを作成し、よく似たボードをみんなで作ってソフトも共有して、回路設計やソフト開発を楽にしようぜってコンセプトでいきたいと思います。
他にも、他のボードじゃ太刀打ちできない用途向けというニッチなところも狙ってみようと思います。
(ヴィストンのボードではDCモータ用チャンネル足りないとか、他の安価なボードではRCサーボのチャンネル不足だとか、特にそのあたりをね。)

・コンパイラ導入
ttp://www.eleki-jack.com/mycom2/stm8s/
Cosmic社ののCコンパイラ(CQ出版の紹介サイト)

ttp://blog.goo.ne.jp/sim00/e/b290d961b73133fde4cf6445593dcb7d
Raisonance社のCコンパイラ(個人サイト)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。