※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

競馬をするのに必要なもの

自宅からPCで購入する場合

  • パソコン
  • イーバンク銀行orジャパンネット銀行の銀行口座
  • I-PAT口座(即PAT) ←登録に上記の口座が必要

即PATじゃない人は専用の口座を開設する手続きが必要

実際に競馬場に行く場合

  • 特に何もありません
  • メモとか電卓とかあるといいかも

実際にレースを見てしまうとどうしても感情が入ってしまうので、行かないほうがいいと思います。
当サイトではI-PAT + 自動購入ソフトの使用を推奨しています。

予想情報の選択

競馬新聞

これの予想はまず当たりません、と言うかこの予想で買うと必ず損をします。なぜなら新聞って言うのはかなりたくさんの人が買います。そのせいでここの予想はオッズに少なからず影響を与えています。新聞の予想を見てオッズを見ると、「なんか当たるような気がする」という錯覚に落ちるのです。実際に当たる時もありますので、全部が信用できないわけではないですが、的中率は低めです。ただし最も低価格で手に入りますので財布にはやさしいです。

競馬情報誌

これは新聞に比べて情報の鮮度が悪いです。なぜなら、日刊じゃないから(゜-゜)。ただし新聞に比べその情報量は絶大です。出走するであろう馬のいろんなことが書いてありますので分析には使えます。値段も小銭で買える程度ですしお手ごろです。
でも、新馬戦や未勝利戦などほとんど触れられてないので、フルレース購入にはとても耐えられないですし、事前に発売しているので出馬表がありませんから微妙です。

インターネットの無料情報

これは信じないほうがいいです。ブログだとかで情報を載せている人のほとんどは生粋のギャンブラーで、ギャンブラーとは一攫千金を夢見る人たちですから、当然その情報もその人の主観と願望が強く出た予想になります。参考程度に読ませてもらう程度にしておくのが得策です。

インターネットの有料情報

こちらもいろいろありますが、無料情報と違い商売にしているのでその点まともな情報です。ただあまり強く宣伝しているところは敬遠したほうがいいかもしれません。会員の獲得を優先しすぎて商品である予想が微妙なものになっている可能性があります。こういった類のものは一度購入して実際に賭けずに信憑性の確認を取ってから継続を検討するのがいいと思います。また、無料お試しなどある場合はそちらを試してみるのもよいのではないでしょうか。
当サイトでもこの検証をコツコツとしておりますので、参考にしてみてはどうでしょうか。利用価値の高い情報販売をしているところは有料情報一覧に載せてあります。