Novel


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小説っていいね〜。作品を通して、作者の主張を読み取ろうと努力してみるページ。


「光の帝国」常野物語 恩田陸 08/12/1

常野一族という特殊能力を持った人たちの話。端的だが、どこかリアリティ溢れる描写と、断片的になっていた話が、後になってつながってくる構成の仕方がなんだか良かった。
作者の主張は、自分と違う多様な能力を持った人たちの集合体が社会ということ。

「孤宿の人」宮部みゆき 08/11/25

江戸幕府からの流人を預る役目を受けた、丸海藩を舞台とした人間模様を描いた話。江戸時代の慣習や、情報が人の噂で伝わっていく様子、綺麗な海の情景などの、小説の節々に出てくる描写が、ありありと浮かんできてすばらしかった。
海の描写は非常に印象的だったので、いつか舞台となった讃岐で海を眺めてみたいものです。

小説を読んでいると、自分が当たり前に見るものを、文章で表現しようとするとき、かくも多様な表現ができることに改めて気づかされるものです。

主人公は「ほう」と言う名の少女。名前は、阿呆の「ほう」にちなんでいると周りの大人に言い聞かされて、身寄りがなく育つ。人を信じ、まじめに生きようとする健気さが印象的だった。~
大人の汚さ、人の弱さ、「お家」を守る建前のため奪われる命、など暗鬱としたもので溢れる中で、悪事を暴こうとする勇気の貴さ、子供の無垢さを主張した作品。

「博士の愛した数式」小川洋子07/11/1

「僕の記憶は80分しかもたない。」
事故で致命傷を負い記憶にハンディキャップを負った博士が、少年と私とのコミニュケーションをとおしてはぐぐまれた愛情の小説。

博士は数を見るたびにその数の背景を語る。220と284は友愛数とか。ストーリを通して数の魅力に改めて気づいた。
数、数学をツールとして使うだけではなく、その奥に隠された美しい数の世界を垣間見ることができた。

「いちご同盟」三田 誠広07/7/20

中学のとき教科書に載っていた小説だ。授業をしてくれた恩師を思い出した。ガラスのような透明感を感じさせる話だ。いのちについて、人間について再考させられた。
あの頃とは違った感性をもって小説にめぐりあえて新鮮だった。














ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。