番外編第1話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~「かのん」視点で書いてみたその1~

四国のとある中学校。
授業は既に終了し、校舎は西に沈みつつある太陽に紅く染められ、校庭には部活動に興じる生徒たちの声が響いている。

昇降口に二人の少女がいた。 1人の名は桜木華音(仮名)、もう1人の名は雨宮菜月(仮名)という。
「かーのーんー! ごめん待った?」
「ううん、私も今ここに来たところだから」
二人は小学校以来の友人であり、今でもこのように共に帰路につく仲なのだ。
華音、菜月ともに友達や親との関係に問題はなく、成績も申し分ない。 2人は残り少ない中学校生活を謳歌していたのだ。
強いて言うならば、華音には一抹の不安があった。
「そういえばね・・・」
「ん?」
そういって華音は話しはじめる。 それは昨日今日からの話ではない。
“誰かから強い視線を感じる” 華音は言った。
「視線・・・ねぇ。 華音の事が好きとかそういうんじゃないの?」
「そう・・・なのかなぁ・・・?」
華音は風に煽られた自らの長い髪の毛を撫で付ける。
彼女の色素の薄い栗色の髪は質も良く、羨望の眼差しで見られることもある。
「誰とか見当ついてるの?」
「い、一応・・・」
そこまで言うと不意に華音は口ごもった。 どうやらあまり公衆の場で言えることではないらしい。
「なっちゃん、ちょっと耳・・・」
菜月はその言葉に応じ、彼女の口元に耳を寄せる。 華音が名を告げると、菜月は驚きの表情を浮かべた。
「え?・・・あの子が?」
「うん・・・」
「・・・そういえば」
名前を聞いた菜月は何かを思い出したようだ。
「荒河君たちがその子のブログとホームページ見つけたとか何とか・・・」
「ブログ・・・?」
「今日帰ったらちょっと見てみるよ」
そんなことを言っているうちに2人は華音の家の前に着いた。
「じゃあね、また明日」
「ばいばーい」

そのサイトには、華音にとって認めがたい内容が記載されていた。



―――こいつは俺の彼女のかのん
ラクス似の女の子だ―――

名前:
コメント: