rogue > md_init()


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

読み出し元

rogue/main()


メモ

getenv("TERM") // linux unixで環境変数を設定するコマンド

setenv("TERM","interix") //上に同じ

コンパイル時のOS識別。

__DJGPP__

http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/c/djgpp.html

_WIN32

win32の環境

__INTERIX

http://ja.wikipedia.org/wiki/Interix

_fmode = _O_BINARY

書きだすモードをバイナリ変換させる

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee2849wt%28v=vs.80%29.aspx

HAVE_ESCDELAYが定義されているまたはNCURSES_VERSIONが定義されている

ESCDELAY:ESC の入力を破棄する時間(ミリ秒単位)を val に設定します。設定した値を返します。

おそらくこれをもっているかいないかを格納

http://rurema.clear-code.com/1.9.2/method/Curses/m/ESCDELAY=3d.html

NCURSES_VERSION:

NCURSESはOSに依存しないCUIのAPI.

DUMPが定義されているなら

rogue/md_onsignal_default()

されていないなら

rogue/md_onsignal_exit()


md_init(void)
{
#if defined(__INTERIX)
    char *term;

    term = getenv("TERM");

    if (term == NULL)
        setenv("TERM","interix");
#elif defined(__DJGPP__)
    _fmode = _O_BINARY;
#elif defined(_WIN32)
    _fmode = _O_BINARY;
#endif

#if defined(HAVE_ESCDELAY) || defined(NCURSES_VERSION)
/*          ESCDELAY=64;        */      /* yoz */
#endif

#if defined(DUMP)
        md_onsignal_default();
#else
        md_onsignal_exit();
#endif
}