メソッドの抽出


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メソッドの抽出

長すぎるメソッドを適切な長さに分割する。

フィールドや引数オブジェクトを利用して適切な引数になるように調整する。

メソッドの抽出についての障害

ローカル変数が問題にある場合がある。

その主たるものとして、ある処理の結果を格納する一時変数が存在しているときがそれにあたる。

問い合わせによる一時変数の置き換え

を利用し、取り除ける一時変数を取り除きたい


一時変数が様々な処理において使いまわされている悪質なコードの場合、

一時変数の分離を用いて置き換えやすくする。


それでも絡み合っている場合は、

メソッドオブジェクトによるメソッドの置き換えを利用する。


パラメータは代入さえしていなければ問題にならないが、

もし代入されていた場合、パラメータへの代入の除去


メソッドが分割され、アルゴリズムが透明になったとき、

アルゴリズムの取り換え

を利用します。

統合開発環境での”メソッドの抽出”

近代統合開発環境において、メソッドの抽出を行うための機能が備わっているものが多い。

Eqlipse,VisualC#などでは確認済み。

<->メソッドのインライン化