rogue_classes


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メモ

まだまだですが、とりあえずメモをしてみます。


Charcterクラス

キャラクタのベースクラス。

すべてのゲームキャラクタはこのオブジェクトを継承する必要がある。

think(obj_pool,stage)

自分のターンに来た場合、キャラクタの次回の行動を決定します。

knockメソッド

他のキャラクターがMoveしようとしたとき、

このオブジェクトがあった場合呼ばれます。

住人と会話を楽しむためのハンドラです。

ObjPoolクラス

Charcterオブジェクトの実態を格納しておき、

他のオブジェクトとの通信役をします。

find_pos(pos:position):Charcter

指定した位置にいるキャラクターオブジェクトの参照を返します。

Stageオブジェクト

ステージデータを格納するオブジェクトです

ConsoleViewオブジェクト(Viewオブジェクト)

コンソール上にデータを表示するオブジェクトです。

ゲームはViewオブジェクトを1つ持ち、

表示の為にスタブとして利用します。

プリミティブ系

debuglog(string)

ログデータを好きな場所から書き込めるようにする関数です。

printをラッパしています。

デバッグ系の表示はあとから消す予定です。

talklog(string)

トークログです。この文字列はトーク画面に出力されます。

誰が発したか、いつ発したかなどの情報を付加することも、

その呼び出し側について任されています。

デフォルト引数によって拡張するかもしれません。