Python_procon


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PythonでInputOutput系問題を解く準備。


アルゴリズムを考えたり記述するのは苦手なほうなので、Cで打ちたくない!
本当は関数型とかを弄れれば確かさも増すし、コードも少なくすむのでいいとは思うんですが、
まだ僕はHaskellは勉強中ですし、メリットを提示できません。
そこでPythonでやるよ。というメモ書き。

input


intput = raw_input().split(' ')

これで入力が半角スペースでスプリットされてリストになる。
inputに結合して利用します。

output

print(str(number))

JavaっぽくStringに変換する。

printfっぽくするには文字列の後ろに%を書き、
その後ろに%dやら%fに置き換えたい変数群をタプルで固める。
引数が1つの場合はタプルにするひつようはない

'hoge%d:%f'%(val,float_val)

ちなみにファイルを扱うとき。

通常コマンドラインの '<'や'>'、'>>'を利用するのが常ですが、一応。

f = open('filename')
#f.readlineとかで処理、
f.close()

カンタンですね。