BASE


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※下記文書は走り書きのため、未整理です。


OpenOffice Baseで始めるシステム作り

第三者にシステムづくりを説明するための資料。

OpenOffice Baseと本ページの目的。

Microsoft Office Accessを真似して作ったオープンソースソフト。
データベース・フォーム・レポート機能が揃っている。
本ページは、システムづくりのイメージが無い人へ、
Baseを使用し、身近にある面倒な事を実際に"システム化"することで、
システム作りとはどんなものか、イメージを掴んでもらい、
実業務に耐えられるアプリケーションを目指す。

システム化したいモノは?

  • 毎週必ずやらなきゃいけない作業だけど、行動するのがしんどい
  • 人間がいちいち考えているとミスが多い

…と思っていることはないか?もしあるなら、それはシステム化すると日々が楽になる可能性がある。

「システムを作る」
 ☓プログラムを組むこと
 ○仕組みを作ってルーチン作業を楽にするコト
→コンピュータは仕組み化をするためのお手伝い的な役割を持つ。


身近で面倒な例といえば?

  • 勉強を定期的にするのが面倒
  • 飲み会の調整が面倒
  • 集金の集計を行うのが面倒
  • 新入生が入ってきた時の対応が面倒
  • 引き継ぎが面倒


システム化したなら…
  • 引き継ぎ資料が減る。(あとはこうして、こう入力するとか支持すればいい)

システム化の手順


システム化の流れはこんな感じ。
  1. 問題の把握(ルーチン化できることはないか?)
  2. 文書化、手順化する(コンピュータにやらせなくても手順化してやるべきことを整理する。)
  3. コンピュータにやらせる事ができるものがあるか?
  4. プログラミング、データベースの作成

今回の題材:サークルOB活動管理システムを作ってみる。

大学のTNPの活動支援ツールを作るのもおこがましいので、
自分自身が使うためのOB活動を行うためのツールを作ってみる。

管理対象

  • メンバー
  • 活動予定
  • 活動履歴
  • 集金管理

年次処理(年1回に実施する処理)

  • 新入生名簿(フォーマットは毎年学生会へ提出するモノに合わせる)
  • 幽霊部員チェック

他の要望

  • メンバー毎に現在の仕事を把握しておきたい


いきなりBaseを使わずに、まずはCalcでデータを表にまとめてみよう。

Calcは表計算ソフト。データベースを使うと様々なクエリを実行できるようになり、
データを使用して資料を作成するのは容易。ただ、データベースの構造を変えるのは容易ではありません。(viewを使ったりしてごにょれば良いんだけど…)
また、テーブルにデータを登録する際に、DBの画面にこちょこちょ入力するのもまた不便。

それであればCalcのスプレッドシートを基準にして、データベースを構築していくのが良い(と思われます)