WORK_THINK


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SEという仕事について日々考えてること

言語を絞る。

振り返ってみると自分にしかメンテできない(?)システムを構築している事が多い。

一応、上司には「ここはVBScriptで打っていいですか?」とか、打診はしている。

そこは「VBScriptで打ったらメンテできる人が減るだろ、Scriptとは違うけどJavaで組め。」

...って言って欲しかったんだろう。だが、相反して上司からの回答は

「ん、いいよー」だった。マジかよ・・・。

確かに、Javaはコンパイルが必要のため、

ShellやBVScript,Batといったスクリプトと比べ何かとメンテしづらいとは思う。

でも「誰でも知っている」というのは何よりも優先すべき強味になるんじゃないのかと思う。

誰にでもできる開発を行うには、まず言語を一つに絞る事だ。

とある現場ならPerl・Rubyだし、僕みたいなレガシープロダクトに関わるなら、

(上層部はJavaがベストな解だと信じて疑わないんで)Javaを使うべき。


そして、チームに人を招き入れる時は、Javaをやったことがあるか否かで聞く。

たとえJUnitをやったことが無くとも、やってといった作業をVBScriptを使い5分で自動化できなくとも、

SQL文を自由自在に組めなくとも問題ない。


Javaが出来ない人間が来たら鼻血を噴出さざるを得ないが、

コンパイルとstaticメソッドを書ける人間が来れば、ボクは何も言いません。(- -;

こっちの手順書とドキュメントで何とかしないと…。


Excelを使う

何故か、みんながみんな仕事でExcelを使う。

ボクはExcel方眼紙否定派(VBA上扱いにくくなるため)だが、そういう使い方も世の中にある。

これもデファクトスタンダードということになる。

アンチExcelはいっぱいいる。ボクもすべてExcelでやるのは効率が悪いと思う。

けど、効率がいいとこもあるんだから、強味を活かして使ってくべき。

・テストデータはUnicodeタブ区切り形式で保存する。これでUnicode文字が化けない。

・表のみExcelにする。文書はWordで書くこと。

・本当はExcelには図は差し込みたくない。これは方法を要検討[PENDING]


ドキュメントを揃える

[PENDING]