移行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

移行作業


移行作業を実施するに当たり、通常のソフトウェア開発とはことなり、
以下の工程を踏む。他プロジェクトと同様のレベルでプロジェクトを扱うため、
便宜上単体テストや運用テスト等の用語を使用している場合があるが、工程内の作業は厳密には異なる。

  • 移行分析
 移行元システム仕様調査・移行先システム仕様調査を行う。
 業務知識はシステムを理解する手助けとなる。

  • 移行設計
 移行元から移行先へどうやってデータを移すのか、設計を行う。
 基本的に金が発生するレベルの規模の移行はデータ量が大量で、かつ重要なデータである可能性が高いため、
 手入力、およびSQL一発ポンとはならない場合が多い。

  • 移行手法実現のための準備
 移行のためのツールを製造する。またはかき集める。
 移行作業のミスを減らすための手順書、スクリプトの作成も必要。

  • 移行データ検証
 移行データを事前に入手し、システムに適合するか検査する。
 検査手法としては、SQL文によるチェック等があげられる。

  • 移行先システム運用テスト
 移行データを使用して運用可能かテストを行う。

  • 当日移行
 手順書に従い移行作業を完了させる。

  • 稼働後保守
 本来あってはならないが、稼働後に移行ミスが発覚した場合、
 移行のやり直しを実施する事がある。やり直しはコストがかかりすぎるので、
 直接新システムのデータを書き換える場合もある。