roguev6 > guiroguev2.py


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

guirogueの2個目の実装

メモ

Windowクラス:

 Windowを作る。

bootではフォント、ウインドウ画像をロードする。

Papetメタクラス:

 キャラクタを管理するインスタンスを作成するクラス。

できたクラスインスタンスでは、

クラス属性にある__charbpm__と__charanm__を元にbootを行う。

このメタクラスを継承して__charbpm__と__charanm__を入れるだけで、

キャラクタのパペットクラスができる。


パペットクラスのインスタンス:

 アニメーションカウンタや、現在のアニメーションラベルなどを持つ。

インスタンスが違えば、表示する画像が違うのはあたりまえ。


インプットチェック部:

(この機構をどこに入れるのか結構コードの肝な気がするが)