IronPython


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

IronPythonのメモ。

絶版になってしまったRubyの本の内容が結構よかったので、

IronPythonに書きなおしつつ、自分なりにまとめてメモ。


擬似コードやフローチャートを書く場面が

Pythonコードを書くことに置き換わり、

コミュニケーションがさらにはかどる…と思ってます。


ちなみに、

この文書はやる気のない人を底上げする目的で書かれています。

くどいのは許して。


IronPythonのインストール

電卓としてPythonを使う from Pythonチュートリアル

はじめてのスクリプト

文字列

変数

数から文字列へ、文字列から数へ

関数

制御文

リスト

関数を作る

再帰

クラス


慣れろ!

IronPythonでアリ本をやる

幅優先、深さ優先、ほかもろもろ。


構造を大切に。大規模プログラムへの道

周りの人の脳みそに思考を近づける!


サンプルとか

サンプルについて

ベクトル


ぐち

return and self hell.


参考:


コメント:

だいぶ迷いましたが、

自分がちゃんと説明できる可能性のある言語のほうがいいとおもったので、

IronPythonにしました。


Pythonは思想から構文まで、結構頑固な部類のプログラミング言語ですが、

それは誰もが入りやすい環境を作る故です。

言語の欠点が見えてきたならば思い切って別の言語を学習してしまうのもいいでしょう。

CommonLispとか、Gaucheとか。


型を意識できないうちはPythonを利用すべきではないのでは?