rogue > badcheck()


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

呼び出し元

rogue/sum_probs()

メモ

親しか利用しない。

正しい入力が得られるまで入力を求める。

使用関数

データ構造

rogue/struct/obj_info

ソース

#ifdef MASTER
/*
 * badcheck:
 *      Check to see if a series of probabilities sums to 100
 */
void
badcheck(const char *name, const struct obj_info *info, int bound)
{
    const struct obj_info *end;

    if (info[bound - 1].oi_prob == 100)
        return;
    printf("\nBad percentages for %s (bound = %d):\n", name, bound);
    for (end = &info[bound]; info < end; info++)
        printf("%3d%% %s\n", info->oi_prob, info->oi_name);
    printf("[hit RETURN to continue]");
    fflush(stdout);
    while (getchar() != '\n')
        continue;
}
#endif