rogue > sum_probs()


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

呼び出し元

rogue/init_probs()

メモ

・masterとnormalユーザ用プログラムとで、引数が異なる。

・info[0].oi_probはどうなってる?

・引数のデータを破壊してるので注意。

使用関数

rogue/badcheck()

データ構造

rogue/struct/obj_info

ソース

void
sumprobs(struct obj_info *info, int bound
#ifdef MASTER
        , char *name
#endif
)
{
#ifdef MASTER
    struct obj_info *start = info;
#endif
    struct obj_info *endp;

    endp = info + bound;
    while (++info < endp)
        info->oi_prob += (info - 1)->oi_prob;
#ifdef MASTER
    badcheck(name, start, bound);
#endif
}