かつて「理論上は」可能とされ、誰もできなかった
しかし現在はこれらをやってのけるプレイヤーが多数
WRを狙う人には必須の高等技術群である。

QBDとは

QBD(Quadruple Bat Drop)とは、サンドバッグ君に一気に四回バットを当てる技。
難易度がとても高く実用化にはかなりの技量を要する。
WRを狙いたい場合に使うとよい。

QBDにはやり方が四種類あり、

一つはバリアタイプ
二つはDBD+DBDタイプ
三つはBD+TBDタイプ
最後はTBD+BDタイプである。

バリアタイプ

このやり方は、使えるキャラが限られ、四回ジャンプが使えないと使えない。
やり方はDBDのバリアタイプと同じでバット落としを三回追加すればいいだけ。
ただしバリアの耐久力がすごく減るので、あまり使わないほうがいい。

良い点

  • 簡単

悪い点

  • 使えるキャラが少ない
  • バリアの耐久力が一気に減る

そもそも使うことは無い

DBD+DBDタイプ

バリアタイプDBDのそれぞれのBDをDBDに差し替えた方法。
3回目のBDが直当て気味にはならない上、4回目のBD後に出の早い攻撃を入れることができるため、QBDの中でも非常に効率が良い。

バリアを1回しか消費しない方法もあるが、高難易度
参考動画

良い点

  • ただジャンプするだけなので隙が少ない。
  • バリアをあまり消費しなくてすむ。

悪い点

  • コツをつかまないとできない。
  • 難しい。

BD+TBDタイプ

BDをして、バリアにぶつかり跳ね返ってきたS君にTBDを当てる方法。
効率としてはDBD+DBDの次と言ったところ

良い点

  • 効率はそんなに悪くない。サムスでよく使われる。

悪い点

  • 使用するにあたっては、TBDが使えなければならない。

TBD+BDタイプ

TBDの着地直後にSHBDをする。
シールドが暴発しない腕前とTBD後バットが跳ねないで床に置かれている状態になることが条件。

良い点

  • バリア消費が少ない

悪い点

  • 使えるキャラが少ない
  • これができるキャラは大抵最後をDBDにできるので、BDに留める必要が無い

詰まるところQiBDの失敗作である

おまけ QiBD(FBD)

QiBD(Quintuple Bat Drop)とは、五回連続でバット落としを行う。
バリアを一回しか消費しないものは今のところアイスクライマーとピーチでしか確認されていない。

やり方

DBD+TBDタイプ

DBDをしたらジャンプをしてTBDをする。
SJDBDを回避無しで行えるキャラは可能な手段である。

ピーチの場合空中浮遊を駆使して一風変わった方法となる。

TBD+DBDタイプ

TBD後即SHDBDを行う。
現在はアイスクライマーのWRにのみ使われている。

コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る