※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前略 葡萄の丘ローファーさん

 先日はお忙しいところ大変お世話になりました。わたくしシーノーはどうにか元気に過ごしておりますのでご安心ください。ローファーさんがわたくしめを見下ろしながら言った言葉が気になって仕方がないのです。どうにも釈然としないのでこうしてお便りする気になったというわけです。伝説のアマゾネスの戦士ほどに堂々としたローファーさんの立ち居振る舞いには会う度に感服しています。小さいわね、など言われたところでぐーの根も出るわけがありません。こればかりは持って生まれた遺伝子のナセルはアラブの大統領。とは言ってもシーノーは男子標準なのでして、小さいわね、など言われる筋のことではないのですよ。あなたが少し大き過ぎるのだと思いますが、いかがなものでしょう。百八十って大きくないですか?男子だってそれだけの身の丈は相当に大きい部類だと思いますよ。まして女子のそれとなったら、大○んなってことになりはしませんかね。ま、愚痴なんですけどね。
 で、気になる言葉ですが、ちいさいわね、ではないのでして…。つまり…、あの最後の日ロビーで別れ際にあなたがわたしの頭を抱きすくめ泣きながら...その身の丈で泣かれてもシーノーにはローファーさんの頭を抱いて胸に引き寄せるなどという奇跡の技など使えようもないのでされるがままでしたけど...あまりにきつく頭を抱きすくめられてシーノーの眼鏡は曲がってしまったのですよ。ええと、なんでしてたっけ…。
 そうそう、あなたがわたしの頭を抱きすくめ、オイオイ泣きながら呟いたあの言葉です。覚えてます?何を言ったか。ローファーさんボロボロだったから覚えてないような気がするので、こうして手紙を書いているというのもひとつなんですが。いやぁ、それにしてもあの言葉の意味をずぅと考えて来たんですが、どうしても分かりません。気になります。
 北の都路ホテルと言えば、日本有数の巨大ホテルですが、なぜローファーさんはそこに宿泊されていたんでしょうね。でまた、なぜわたしは偶然にもあのホテルのバーへ一人で行ったりしたんでしょうね。皆目その偶然の意味、あるいは必然なのでしょうか。どちらにしてもなぜあんな場所で再会したのか本当に驚いています。あなたとわたしの蜜月はわたしが三十三歳、ローファーさんが二十六歳前後の僅か一年半の出来事で、ホテルで再会したのがそれから数年後、わたしが北の都路の支社勤務の袋小路に入り込んでもがき苦しんでいる頃でした。八時過ぎに退社し、部屋へ帰ったところで単身赴任の身、三月の夜はまだまだ寒くて真っ直ぐ部屋に帰る気になれず、バーで軽く引っ掛けて行こうと思ったのでした。引っ掛けてと言ってもバーで軟派しようというのではないですよ。あ、そうですか…分かりますか。そうですよね、ははは。注文したのは確か…テキーラサンライズだったと思います。まぁ、テキーラサンライズしか名前を知らないんで注文したのはそれです。テキーラサンライズ!
 バーのカウンターの向こうにはライトアップされた、いやライトダウンもされていたけど中庭があって風情でした。小さな池などもあり、そこに天井から水が落ち込むようになっていましたね。

 池…いいわね。
 そうだね、池、いいね。
 それに月も。
 うん、三日月…
 ペーパームーン
 そ、そうなの?
 確か...
 ふーん

 たわいの無い会話をしたけど、なぜローファーさんがそのホテルに宿泊していたんだったか忘れてしまっているのはなぜなんだろう。たぶん、紙風船学会かなにかが北の都路ホテルで開かれていたんでしたかね。済みません、忘れてしまってます。

 今度、本都へ行かなけりゃならん。
 そう…
 でもなぁ…
 何?
 あんまり行きたくないんだ。
 どうして?
 行けば文句ばかり言われるし...
 本都で会えるじゃない
 ああ…
 行けば!

 あの会話のときは、シーノーもいやいやながらも本都へ行くつもりにはしてたんです。ですが、ほら、ね。本都でたったひとり暮らしていた父が逝ってしまったので家を売り兄弟で分けて直ぐだったし。行けばどうしたってその家を見てみたいじゃないですか。今はどんな家族が住んでいるんだろう。家を大事に使ってくれているだろうか。そうでなかったら辛いな。など考えてしまったからね。いくら人手に渡した家とは言え、生まれてから大学を出るまで暮らした故郷の匂いのする家だから愛着あるしね。蔦の絡まる二階の窓を見てしまったら、父の思い出にこの標準サイズの胸は耐えられない気もしたし、いずれわたしも逝くけど、この家ではないんだなぁと思ったりするのは辛いじゃないですか。だから、結局は行かずに済ましたんですよ。

 ああ、長々意味もない話書いてしまったね。本題に戻しますが、あの泣きながらきつくわたしの頭を抱きすくめて言ったひとこと。

 イケ

 そう、たしか イケ! と言ったのでしたよね。

 イケ、と。

 どういう意味だったんでしょうか?もう昔のことなので忘れてしまっているのでしょうが、もし良かったら教えてもらえないかなぁ。そうそう、ローファーさん、還暦おめでとう!!

                                       - 拝 -