※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


色とりどりの
  花畑に埋もれたあなたは
    私をいたわるように
      小首を傾げる
ニックネーム SLP at 22:17 | TrackBack(0) | Several Line Poetry 2005年08月18日
空は雨で溢れてる
雨の下で
 わたしは
  泳げないでいる
ニックネーム SLP at 22:14 | TrackBack(0) | Several Line Poetry 2005年08月18日

きょう
氷山の縁に腰掛けていた
白い世界が眩しすぎて
わたしは
青になった
ニックネーム SLP at 22:11 | TrackBack(0) | Several Line Poetry 2005年08月18日

ほんとうは
あなたと
暮らしていたかった
ひっそりと
北の街で
ニックネーム SLP at 22:10 | TrackBack(0) | Several Line Poetry 2005年08月18日

この季節になると
タンスから
あなたが出てくる
セーターと入れ替えに
ニックネーム SLP at 22:08 | TrackBack(0) | Several Line Poetry 2005年08月18日
手紙
久しぶりに手紙を受け取った
ポストに入っているのは
DMか公共料金の支払い確認書くらいになってしまっていた
手書きで書かれたあなたの文字が懐かしい
決して綺麗な字とは言えないけれど
とても優しい柔らかな文字から
あなたが嘘を言っているとは思えないのです

 ええ、いいのです。
 わたしのことは・・・・

雪が積もったら遊びに来てください
待っています
ニックネーム SLP at 22:02 | TrackBack(0) | Several Line Poetry 2005年08月18日
雪のはじめ
まだ
 雪が降りません

音を吸い取るあの朝を
早く迎えたい

静かな朝に
  ドキドキしながら窓を開け
白い風景が眩しく
  目に飛び込んでくる最初の日は
 祈りを
 捧げたくなる
ニックネーム SLP at 22:01 | TrackBack(0) | Several Line Poetry