熱く燃える諦念というものがある
この
  老いたボロ切れな胸を
   いたわるように包み込む
 
      静かな
 
情熱 
    を 
      たぎらせながら 絶えてゆく 
 
     ・・・  諦念