数え切れない無念の
       日常が消えた
かろうじて
 わたしには
  今日がある