いつのまにか、仏教国日本の習慣になってしまった『クリスマス』

その生い立ちはどうでもいい
単純に
   ケーキと七面鳥とプレゼントの日
                      でもいい

クリスチャンの友達は教会に出かける

 おー・まい・ブッダ! と言い換える おー・まい・ガッ!

世界の子供たちがこの日ばかりは穏やかな夜を過ごせたらいいのだが

 飢餓
    貧困
       戦争
          差別
             はこの時々刻々も無くならない
 祈り
    想い
       希望
          平和
             と声に出してみる
世界に対して無力な

                         
                                 である
だからこそ
     祈る
       祈る

仏に
森羅万象に宿る神々に
帰依しない神々に

破滅する宇宙の真実の前では人間のすべては無力

無力であることは善でも悪でもなく 全
                    禅
死は宇宙の意思であるなら
            死は 全てか?
飾り付けられた灯りの下で
 死を超えたいと
  願いつつ
   腹ふくるる
    いちごホールのケーキで
               怠慢の果てへ跳ぶ