何故と訝って己に尋ねてみる
書けない
目を瞑るといつものように軽い目眩を感じる
右聴覚の不全
      右膝半月板の破砕磨耗
                右肩鎖関節の
左第六、第七、第八肋骨
           頭蓋骨頭頂部の
                  左下肢静脈のストリッピングの
                              左第一中指骨の穴の
       硝子体空洞の無数の飛翔
                  のう胞のいたずら
サイキックな閃き

 の
    球根冬眠   机上のプランテーション 
ぼくがぼくであるためにしたこと

               独り

年月の擦過傷
       ダンスがうまく踊れない
                       官能の停滞

                窓の星

ぼくには見えない網膜
              リズム喪失の 
                       輪音    失いしものの慟哭

スキルスの恐怖
                         発見することの哀しみ             真実の憐れみ

スワンの死
              三頭火を愛したマスター    M.J.Q      チャーリー・P        
                       入間米軍基地
                  ベトナムへ
弔いのライブ                  バーボンマスター
                      桜咲く 散る 散華  無念の家族   
                                            湖底の骨はカラカラと鳴く
           
聴いているの?
                   どこまでも続いていたはずの足跡を
                                                   消した


チェロ
    バイオリン 
           アリア 
                  原っぱの闇から あの子がやってきた      永遠に少年の命で終わった日
         単音
 哀しいときは目を伏せて美しき日々を想えと歌え もっと もっと 
なぜもう歌わないの?
ねえ、聞いてるの?
                        ぼくは今凍えている