私はごちゃ混ぜにする。時間と空間が捩れることを希望んでいる。事実と空虚が交差していると感じられるとき、私は安心する。死が押し潰してしまおうとするモノを必死で支えてみるが、それは詮無いことだと知っている。知ってはいるがどうにもならない感情が湧いてきてしまう。私は儲けもんの時間しか持ち合わせていないのだ。