で  大  な  季  し  山  人  い  あ  こ  果  と  る  丹  十  行  や  残  葉  昨    
   歳  好  ん  節  か  へ  生  の  る  れ  た  そ  い  沢  一  か  か  念  を  秋    
   の  き  て  は  観  出  七  だ  い  ま  せ  の  は  か  月  な  に  な  狩   `   
   数  な  淋  歳  る  か  十   ゜ は  で  な  と  黄  伊  に  か  光  が  り  北    
   し  冬  し  の  こ  け  年     紅  に  か  き  葉  豆  入  っ  が  ら  に  方    
   か  も  い  数  と  た  と     葉  僅  っ  は  を  あ  っ  た  舞  曇  行  面    
   体  当  こ  し  は  に  し     を  か  た  思  観  た  て   ゜ う  り  っ  へ    
   験  然  と  か  出  し  て     観  数   ゜ っ  に  り  時     と  空  た  紅    
   し  の  :  巡  来  て   `    に  十     た  行  へ  間     い  の   ゜ 葉    
   て  こ     っ  な  も  年     行  回     は  っ  再  が     う  た     あ    
   来  と     て  い  百  に     っ  し     ず  て  び  あ     わ  め     る    
   な   `    こ  の  四  二     て  か     だ  こ  紅  っ     け  に     い    
   か  今     な  だ  十  度     い  黄     が  よ  葉  た     に  色     は    
   っ  ま     い   ゜ 回  山     な  葉      ` う  あ  ら     は  鮮     黄    
             ゜                          `     `                  


 
                                    :  宇  う  絶  歳  歳  も  そ  た    
                                       宙  こ  望  に  を  切  ん   ゜   
                                       の  と  の  朽  と  な  な       
                                       年   ゜ 度  ち  る  い  当       
                                       齢     合  て  と   ゜ た       
                                       ほ     い  い  い     り       
                                       ど     が  く  う     前       
                                       も     増  こ  こ     の       
                                       生     し  と  と     こ       
                                       き     て   ゜ は     と       
                                       て     い      `    が       
                                       い     く     年      `      
                                       た     と     々     と       
                                       い     い     歳     て       
                                                                 




昨秋、北方面へ紅葉あるいは黄葉を狩りに行った。
残念ながら曇り空のために色鮮やかに光が舞うというわけには行かなかった。
十一月に入って時間があったら、丹沢か伊豆あたりへ再び紅葉あるいは黄葉を観に行ってこよう、とそのときは思ったはずだが、果たせなかった。
これまでに僅か数十回しか黄葉あるいは紅葉を観に行っていないのだ。
人生七十年として、年に二度山々へ出かけたにしても百四十回しか観ることは出来ないのだ。季節は歳の数しか巡ってこない。なんて淋しいこと…
大好きな冬も当然のこと、今まで歳の数しか体験して来なかった。
そんな当たり前のことが、とても切ない。
歳をとるということは、年々歳々に朽ちていくこと。
絶望の度合いが増していくということ。
宇宙の年齢ほども生きていたい…


*これは「縦書き詩」ではなく「徒然」に収める。