街を暗い蒼が照らすとき安心して脈動を下げる。そんな人であってもいいじゃないか。太陽だけが生きる証でもあるまいし、と思う。









.