html2 plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。



私の記憶は 窓の外を流れる広告写真のように確信が失われ
黙って窓ガラスに頬をよせると ヒンヤリとした季節の風が 感じられた
ああ なんて さびしいんだろう 私はひとりになった
ああ ひとりになった

悲しく通りすぎてゆく 私の話を聞いてくれますか
淋しい日の風のように ただ過ぎては海に堕ちる 私の話を 黙って聞いてくれますか
頬に涙が零れることもないほどに 悲しい話を 窓の外の闇に照らされた 古びた広告写真のような話を

暗く沈んだ地下のジャズ喫茶の 背の高い 黒いソファは 擦り切れて 季節の残酷さを 受け入れていましたね
君と並んで坐リ続け 暗闇の風に吹かれていましたね

私は ああ といい 悲しい話をしたかったのです 乾いていく皮膚感覚は ふたりで飲み続けた薬のせいでしたか
それとも 淋しい季節の風に 皮膚がサラサラと 時を失っていたからでしたか

肩と肩がわずかに触れて ふたりは 友達だった
サラサラと乾いた肌が 優しく触れ合うのは 涙が頬を伝う前触れのようでした
産毛の先が 君を求めて震えていたのを 覚えています

私が喋り続けるのを 黙って聞いていた君の 手には
冷めてしまった珈琲カップが 握られていた 
君の視線は 暗闇の奥の 一枚のレコードジャケットを 見つめたまま 動かなかった 時がそこで止まっているように

   Django  Django  Django Django Django Django Django Django  Django Django Django Django  Django Django Django Django Django Django

私の話を聞き続けていた君は 微かに微笑んで 泣いてくれた
男のくせに泣いてくれた
君の頬を伝う涙を そっと指で拭ったとき 私は 悲しくて幸福だった
そして 私も泣いた

いつか淋しい季節の風を 頬に記憶する
君と記憶する
肩を抱き合って流した 静かな 暗闇の涙を 記憶する
夢のように 儚い広告写真のように 色褪せて さびしい季節の風に吹かれていても











.