暑き夏に
ぼくたちはいた

汗をかいて
ぼくたちは眠る

ぼくの汗とぼくたちの汗とを舐め合う幸福の時間

ほら
 聴こえている

 ピアノ

繰り返される憂鬱の旋律を愛して止まないのは
すべてがすでに終わっているから
・・・・

ほら
 聴こえている

 ギター

ねえ、何か面白いことないかな

 坂を転げる夢を見る

まわりながら空が見える

真夏に雪が降るように
 僕たちは汗をかく
  冷たい汗をかく

 ああ、どうにかなるね
 ああ、どうでもなるね