もぐら隊


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これまでPOPにおいてモテないコミュニティは多数存在しただろうが、その中でもまず間違いなく最大人数であり、最大勢力であり、そして安定感抜群のコミュニティ。入隊した順に番号が割り振られるが超法規的措置により0番隊、-1番隊なども存在する。また女性隊員も存在する。2007年9月現在、10名。

ことの始まりは新歓花見前の4/6、花見対策会議にさかのぼる。

この会議において、花見イベント「もぐら叩きゲーム」を行うために3人のスタッフが選ばれた。ホセ・ジャム・でかちの3人である(以下リアルもぐら)。
結成当初は、花見限定のおいしくて不毛な役であったが、3人は日常会話でもまとめられることが多かったので、「もぐら隊」という言葉がたびたび用いられるようになる。

その後、3人の共通項である「モテない」というニュアンスが強調され、現在ではその意味しかなくなってしまったようだ。メンバーは順調に増加しており、POP人の全人口に占める割合は5%を超えた。(2007年10月)


その後、モグラ鍋など精力的に活動するも、2008年新歓において転機が訪れる。当時4番隊であったテリーが脱隊を表明し、モグラは空中分解の危機に襲われる。また5番隊も一時的であるが脱隊し(2008年秋合宿にて復隊)、さらにモグラ実質のナンバーワンとの声もあった3番隊『棒』でかちが脱隊し、もぐら隊は瓦解した。なお今年も現存メンバーで聖夜、鍋が開催される予定である。

しかしクリスマスイブイブである23日に現存隊員に隊長から電話がはいる。それは聖夜に隊長が脱隊を試みようとしているとの内容だった。26代はもともと知っていたようだがなにも知らなかった僕はそれなりに驚愕し、隊長の脱隊成功を願った。そしてめでたく隊長は脱退に成功する。まぁそれで結局もぐら鍋のほうは去年8人くらいいたのに今年は3人と散々なことになってしまい、もぐら隊は完全崩壊したとする見方が一般的である。

しかし一度「もぐら隊」と烙印を刻まれるとその因果律から逃れるのは非常に困難である。2月には3番隊、卒業も迫った3月には隊長が復帰する。別れを突きつけられたその夜、隊長は酒にのまれていた。2009年5月現在、現存もぐらメンバーには何一つ動きは見られない。再び安定期に入ったようだ。



執筆 オーナー