竜也の冒険


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

著者はさん。
第2作で長編である。

ストーリー

竜也はレッド(当小説では、本名 宮本聡)の実の弟で、そんな兄に憧れている。
父親はポケモンマスターで、宮本一家はポケモントレーナーの才能がある一家として見られている。
だが、6年前にレッドが再び行方不明になる。
レッドを探しに行った父も続いて行方不明になる。
そして、16歳になってやっと旅を始めた竜也は(今作では、アニメ同様10歳からでもいける。)兄と父親の情報を探しながらもカント―地方を股にかける。

登場人物


宮本竜也 16歳


主人公。レッドを目標に頑張って言旅する男。
身長でも、勝とうとがんばっているとかいないとか……。
相棒はミニリュウのリュ―。


森永重無 男 16歳


竜也とはかなり仲が良く、あっという間に打ち解けた男。
グリーン(本名 森永茂)の従兄でもある。
ポケモン研究所の跡継ぎの候補である。

管長笠 男  17歳


シンオウの四天王のリョウの弟。
リュウヤと同じく有名人の弟である彼はキョウの代理だが、キョウのけがからの復帰は難しく正式に任命される予定だ。
おそらく、今の実力ではリョウを越えられるであろう……、と言われているとか言ないとか。

二宮灯 女 16歳


テロリストKILLのボスのジルの実の娘。
ジルの本名を知る数少ない人間。
ジルがテロリストだと知った事が理由で暗殺ターゲットにされている。
灯はそれが恐怖となり警察に言わずに逃走し続けている。
レッド(聡)と会ったことがある。

第1話 *駄文すぎ注意!


第1話 「冒険の始まりとパートナー」

今日は、ちょうどリュウヤの誕生日である。
これで16歳だ。
16歳の誕生日に、ポケモンをプレゼントして、旅に行かせることにしていた。
リュウヤはうれしかった。
いつも父や兄みたいな立派なトレーナーになることが夢であった。
「母さん、博士の研究所に行ってくる!!」
リュウヤは元気よく駆けだそうとする。
「いってらっしゃい、でもその前にこれを持っていって。」
お母さんから渡されたものは、ランニングシューズと冒険用のカバンとお小遣いであった。
「ありがとう、お母さん。じゃぁ、行ってくるよ。」
リュウヤはランニングシューズをはいて走って行った。

リュウヤは、10分足らずで研究所に着いた。

研究所に「失礼します。」と言ってゆっくり入った。
「おい!約束の時間より遅れてるじゃん!」
リュウヤは時間を見るとびっくりしていた。
「シゲム!もう来てたの?にしても本当に遅れてる~!で、オ―キド博士、ポケモンは?」

オ―キド博士は、咳をしていった。

「普通ならゼニガメ、ヒトカゲ、フシギダネの内どれか一体を選ぶのが基本だが、仕入れなくてのぅ。代わりに別のポケモンをプレゼントじゃ。」
これは楽しみだった。
「じいちゃん!俺のあれは?」
オ―キド博士は、モンスターボールを取り出して、渡した。
なんのポケモンを貰ったか気になる。
今度は僕のポケモンだ。
オ―キド博士は、ポケモンが入ったモンスターボールを渡してくれた。
「リュウヤ、一緒に出そうぜ!」
シゲムがいきなりの提案をする。
なんだか、急に楽しくなってきた。

一斉に出すと出てきたのは、
シゲムはイ―ブイ。

僕は、ミニリュウだった。

二人は喜んだ。

珍しいポケモンをプレゼントしたオ―キド博士に感謝しなきゃと思いました。

僕が研究所を出ようとした時シゲムに言われた。

「リュウヤ、せっかくだから外でバトルしようぜ!」

へ...?

続く