四天王の裏世界


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

四天王の裏世界は、ポケモン広場の小説。著者は峰ストローネ
ちなみに書くきっかけは、釣りスレの乗っ取りネタである。豆知識である。

以下ネタバレ注意


ストーリー

第一部(焼きそばパン編)

シンオウ地方のポケモンリーグで、ゴヨウは焼きそばパンを買ってくるようシロナに命じられる。
買ってこなければドータクンを酸化銅に変えてやると脅され、大急ぎで焼きそばパンを求める旅に出るも、いろんな少女と争奪戦を繰り広げ、ことごどく敗北する。
結局土下座して詫び、シロナの慈悲によって酸化銅の刑は免れたが、四天王の称号とトレーナーライセンスを剥奪されてしまうのだった……

第二部

シロナに四天王の称号を剥奪されたゴヨウは、カントー地方でトレーナーとして再出発した。
道中短パン小僧に小馬鹿にされたり、オーキド博士を殺っちゃいそうになったり、タケシやカスミのアニメ補正などといった様々な困難が待ち受けていたが、波乗りピカチュウ「スピカ」が加わったことにより、辛くも困難を乗り切っていた。


主要登場人物

ゴヨウ

四天王の四人目だったエスパー使い。
この小説で一番可哀想な人。
シロナにパシらされ、焼きそばパンを求めシンオウ中を探し回ったりした。
そして今、四天王をクビになって、トレーナーとして再出発した。
静かなる読書家。そしてヘタレ。

ゴヨウのドータクン

不明(♂寄り)
この小説のマスコットキャラです。嘘です。
第一次酸化銅危機を免れることができたらしい。
素早さに下降補正が掛かっているようだ。

ゴヨウのエルレイド

礼儀正しい青年。騎士道精神を持つ。
あだ名は「シュピーン」。

ゴヨウのチャーレム

「おちょぼ」のあだ名が示すとおりおちょぼ口がチャームポイント。
マサラタウンでは研究所の危機を救った英雄として祭り上げられる。

スピカ(ピカチュウ)

ゴヨウがトキワの森で出会った強気っ娘。
天然ドSでゴヨウを完膚無きまでに痛めつける。
無鉄砲で怖い者知らず。
とある場所を目指しているらしいが……

シロナ

シンオウリーグのチャンピオンとして君臨する女王。
唯我独尊な思考のため周りの人間は全て自分の召使いだと思っている。
どこまでも非道で冷血。
類い希なる美貌は男達を虜にしてやまない。

ミカン

アサギジムリーダーで鋼使い。
雰囲気は清楚なお嬢様。
しかし中身は廃人で、個体値や努力値にこだわっている。
常にダメージ計算をしながら戦っている。
だけどポケモンをただの戦闘兵器として扱わず
それぞれに愛情を注ぐトレーナーの鑑のような少女。

アカギ

ギンガ団の首領。27歳独身。
新世界の神になることを目論む電波野郎。
焼きそばパンを使い、新たな世界を創り出そうとする。
恐ろしく目が落ちくぼみ、頬がこけている。
部下には「バカギ様」と影で言われているらしい。

クレセリア

月の使い。尊大な態度を取る。
一人称は「わらわ」。かなりの甘党。
好物はあんみつ。


一話

ポケモンリーグ――それは全てのトレーナーの憧れであり、また目標でもあるポケモンバトルの頂点。

各地方にひっそりと存在するポケモンリーグにはそれぞれチャンピオンが存在し、その脇を固めるように四人の実力者――四天王が君臨する。
ここは最北端、シンオウ地方にあるポケモンリーグ。
女王様気質のチャンピオン、シロナに今日も四天王は振り回されっぱなしだった。

「ゴヨウ、ちょっといいかしら」
突如上の間から響くシロナの声にエスパー使いのゴヨウはビクッと身体を震わせる。
スーパー女王様タイムが始まった。
「な、なんでしょうかシロナ様!」
ゴヨウは紫色の長髪を掻き上げ、サングラス越しに恭しい目つきでシロナを見上げた。
シロナは腕を組み、靴の踵を鳴らしてこう命令した。
「焼きそばパン買ってきなさい」
その一言でゴヨウの震えは大きくなった。
電動マッサージ機のごとくひっきりなしにぶるぶるしている。
しかし不服ではあるらしく理由をシロナに問いかけた。
「それをなぜ私にお頼み申し上げられたので御座いますのでしょうか……」
敬語がいろんな意味でおかしくなっている程に彼の精神は平静を保っていなかった。
シロナは何だそんなことと言うようにこう返した。
「あんたが一番私の部屋の近くにいるからよ」
だが、ゴヨウにもプライドはあった。
たったそれだけの理由でパシりに使われるのは御免だった。
「わわわわ私ではなく、いっ、一番出口に近いリョウに命じても良かったのではありませんかっ」
度重なる命令への不服に女王様も黙ってはいなかった。
「私の命令が聞けないっていうの?」
「ひっ!」
ゴヨウは縮み上がって部屋の隅にまで逃げた。
「もし買ってこなかったら……あんたのドータクン、燃やすわよ?」
「え、シロナ様今なんておっしゃって……」
「聞こえなかったとは言わせないわ……そのあんたの近くに浮いてる古びた銅鐸を一瞬にして酸化銅にしてやるって言ったんだよォ!!」

酸化銅=化学式CuO。銅を加熱した際に出来上がる黒色の粉末。

ゴヨウは半狂乱になってすぐさまポケモンリーグから飛び出し、焼きそばパンを求める旅に出た。