※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『双姫と死の秘宝』


作者:梧香月(アオギリ カツキ)
ステータス:完結済
タグ:ライトノベル、長編、ファンタジー、異世界
リンク:(別窓

コメント:
 主人公カノン=ティルザードと2人の仲間が訪れたのは、閉鎖された過疎の村ナーラカ。
 封建的な自治を続ける村に、3人が召喚されたのは、政治管理団体の要請からだった。村の当主シシュフォスからの書状には、腕の立つ人間による救援が欲しいの旨が書かれている。
 不明瞭な救援要求に懐疑的になるカノンたちに、ナーラカ村のある地方の政治管理団体支部長は、不気味な村の別称を口にした。曰く――

『――そこは死の眠る村』

 剣と魔法の異世界で織りなす、ギャグとシリアスの二音からなるアクションファンタジー。
 HPで連載中のDeath Player Hunterカノンシリーズから、時間軸の違う話をpixivにて連載を始めました。勿論、HPをご覧頂けなくてもまったく問題ありません。


 3/25 #12話up!
 3/27 #Final up!









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー