タブーズについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




タブーズについて


現在から遡ること30年前。
ジーニーとして研究を行っていた“ディック・ホールズ”と“マクスグレン(現所長)”の二人は
力<フォース>に代用する力<マイト>を開発した。

フォーマーの力<フォース>を羨むディックは力<マイト>を使った人体実験の話をマクスグレンに持ちかけた。
だが、それを危険と判断したマクスグレンはディックの話を断った為二人の友情に亀裂が走った。

その後、ジーニー内ではディック派とマクスグレン派に分裂。
人体実験を行いジーニーが力<フォース>を持てば最強のヒトになれると信じ
自らもサブジェクターとなるディックらをマクスグレンは禁忌を犯す者『タブーズ』と呼んだ。

そして、ディック率いるタブーズは人体実験で生まれた最強人種【サブジェクター】を知らしめる為
フォーマーそしてジーニーらに戦いを挑んだ。

マクスグレンはかつての友・ディックの行いは間違っているということを理解させる為
フォーマーそしてジーニーと共に応戦した。

そして3年後、マクスグレンがタブーズの首領ディックを破り マクスグレン率いるフォーマー・ジーニーが勝利した。
勝利へと導いたマクスグレンは25歳という若さで所長となり、生き残ったサブジェクターを
フォーマー又はジーニーとして生かし、二度と悲劇が起こらないよう
人体実験そしてタブーズを封印したのであった――・・・。




人体実験・サブジェクターについて


何故、力<フォース>を持たないジーニーが人体実験で力<フォース>を持つ『サブジェクター』になれるのか?

タブーズの首領であるジーニーのディックは、鉱石を丸く加工した石に力<マイト>を注入して
力<マイト>を宿す石<クォーツ>を発明した。

初め、それは武器に取り付け武器に属性を持たしていた。
ディックはそれにヒントを得て、ジーニーの身体に埋め込むという人体実験を行った。

埋め込まれたクォーツは活力と共鳴し、力<マイト>を力<フォース>に体内で変換。
ジーニーも力<フォース>を扱うことができるようになったが
元々は人工の力<マイト>。フォーマーの力<フォース>には足元にも及ばなかったが
気<マインド>の関係でサブジェクターのみ『黒=重力』の属性が生まれたのだった。

そして、クォーツの副作用を起こす者も現れた。
中には発狂したり、無表情になったり、成長が止まったりする者もいた。




クォーツについて


クォーツは無色透明だが、ヒトの個体に反応し
似合った属性の色へと変化します。
大きさは大体直径5cm程度。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|