ニコ典 > 索引 > わ行 > 私は14歳のとき、ソ連(当時)のノーベル賞学者、 ランダウ=リフシッツたちの著した相対性理論を読んでいた


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は14歳のとき、ソ連(当時)のノーベル賞学者、ランダウ=リフシッツたちの著した相対性理論を読んでいた。
(451015島/takefree)




学歴?アピールに最良なクリシェ。『~の著した・・・』を変えることにより様々な応用が可能である。なお、少し知的さが鼻につくかなと心配になった時には『自慢とかじゃない』を付け加えることにより死角はなくなる。  

文例
私は26才の時、大阪市助役(当時)の弁護士、大平光代の著しただからあなたも生きぬいてを読んでいた。病気とかじゃない。

なんちゃってメンヘラ蔦屋アピール



   出典


本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。

名前:
コメント: