CentOS


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CentOS

SELinux

動作確認

/usr/sbin/getenforce
 
Enforcing:有効
Permissive:一切アクセス拒否はされないが本来拒否すべきものがログに記録される
Disabled:無効

起動時のSELinux動作変更

/etc/selinux/config
を編集
SELINUX=enforcing
 
を設定したい値に(無効ならdisabled)


ホスト名の変更

/etc/sysconfig/network
/etc/hosts
の2箇所を変更
/etc/rc.d/init.d/network restart
 
でネットワークを再起動


EPELリポジトリの追加

wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
rpm -Uvh epel-release-5-4.noarch.rpm
 


Vimの機能追加

ヘルプを使う
yum install vim-common
ウィンドウ分割(splitなど)を使う
yum install vim-enhanced


subversionの1.6が欲しい

rpmforge-extrasにある

MySQLのインストール

yum install mysql-server

rootのSSHログインを禁止する

/etc/ssh/sshd_configを編集
39行目あたり
#PermitRootLogin yes
PermitRootLogin no
sshdをリスタート
service sshd restart


RPMforgeインストール

# rpm --import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# wget http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm
# rpm -ivh rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。