WPF


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WPF

アプリケーションの終了

Application.Shutdownメソッドを呼ぶ
現在のApplicationオブジェクトは静的プロパティApplication.Currentから取得する
Application.Current.Shutdown();
 


添付プロパティ

RectangleににCanvas添付プロパティで座標を設定する
Rectangle r = new Rectangle();
Canvas.SetLeft(r, 10);
Canvas.SetTop(r, 15);
 



ScrollViewerのスクロールバー分を計算

水平・垂直スクロールバーを含めない内側のサイズを固定したいとき
  • XAML
<ScrollViewer Name="scrvwr" Width="300" Height="200">
  <Canvas Name="cnvs" Width="600" Height="400">
  </Canvas>
</ScrollViewer>
 
  • cs
int vBarWidth = scrvwr.Width - (int)cnvs.ActuralWidth;  //垂直スクロールバーの幅
int hBarHeight = scrvwr.Height - (int)cnvs.ActualHeight;  //水平スクロールバーの高さ
//ScrollViewerのサイズ変更
scrvwr.Width += vBarWidth;
scrvwr.Height += hBarHeight;
 


マウスイベント

MouseMove中にマウス左ボタンが押されているかを取得
  • XAML
<Canvas Name="cnvs" MouseMove="cnvs_MouseMove">
</Canvas>
 
  • cs
public void cnvs_MouseMove(object sender, MouseEventArgs e){
    if(e.LeftButton == MouseButtonState.Pressed){
        //左ボタンが押されているときの処理
    }
}
 


Polygonクラスの使い方

PointCollection PointsにPointをAddして座標を指定する

Polygon p = new Polygon();
p.Points.Add(new Point(0, 0));
p.Points.Add(new Point(10, 0));
p.Points.Add(new Point(0, 10));
p.Fill = Brushes.Blue;  //塗りつぶしの色
p.Stroke = Brushes.Black;  //輪郭の色
 


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。