トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


最近は物流企業でアウトソーシングが盛んにサービスされているようです。
物流とは読んで字のごとく物の流れ、つまり流通のことです。
物流アウトソーシングでは商品の販売に欠かせない「商品の流通」を、他社が請け負うサービスです。

流通といえばヤマトや佐川のように運送会社が思い浮かびますが、物流と流通は似たようで実は異なります。
ヤマトや佐川は運送を主とするのに対して、物流が主とするのは「商品の流通」です。

商品を小売店に運送するにはまず第一に商品の製造が必要になります。
そして製造された商品が運送されて、小売店に届く。
確かにそれは間違ってはいないのですが、実際にはその中間の存在がいるわけです。
それが「物流アウトソーシング」です。
物流のアウトソーシングでは製造された商品の保管、在庫管理、出荷先顧客情報の管理など、様々な形で製造された商品の物流を管理するわけです。

もちろん、この物流の流れを全て自社で行うところがないわけではありません。
しかし言うなればヤマトや佐川も一種の「アウトソーシング」です。
企業としても同じ商品の流通を外部企業に依頼するなら、物流全体を外部企業にアウトソーシングしたほうがいいと考えるのは自然の流れといえるでしょう。
物流アウトソーシングが注目されるのは、このような背景があるためのようです。