※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



小声よりも、多少大き目の声にすると男声が出やすくなるようです。
語尾を区切ってハッキリ喋ると男らしくなります。

助詞(***が・***で など)や接続詞(それで・だから・したがって など)を
あまり上げたり伸ばさないように注意してください。