※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


低ければ低いほど男声に聞こえやすいのですが、低音はその人の
声帯の長さ・身長・体重・年齢などの条件により出せる限界があります。
ただ、まったく伸びないわけではないようです。
高音を練習すると、低音も伸びる場合もあるようなので
低音だけに偏らない練習をお勧めします。

出せる最低音で喋ると苦しそうな声になってしまうと思いますので、
最低音より1~2音上にするのが良いでしょう。

また、男声に必要なのは低音だけではありません。
声を低くしただけで両声類と名乗っている方は注意が必要です。