第7話プロット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(「場面」は準備中)

「仮面ライダーRUIN」第7話プロットライン

(ライター:管理人)

登場人物

 千堂疾風(23) 『MESSIAH』首領の息子。主人公

 八田飛雄(22) 仮面ライダーRUIN抹殺のために送られた刺客。正体はバッタ型怪人ヒュスドホッパー(雄)
 八田伊那子(24)八田飛雄の姉。正体はバッタ型怪人ヒュスドホッパー(雌)

 『MESSIAH』首領       秘密結社『MESSIAH』 首領
 バッタ型怪人ヒュスドホッパー(雄) 秘密結社『MESSIAH』 幹部怪人
 バッタ型怪人ヒュスドホッパー(雌) 秘密結社『MESSIAH』 幹部怪人



話のあらすじ

 『MESSIAH』の刺客・バッタ型怪人ヒュスドホッパー。
 その正体が八田飛雄である事実に驚いた千堂疾風であったが、愛車・ソニッカーの助けによりその場から逃げだすことに成功する。
 しかし、信じかけていた八田飛雄から放たれた言葉により、これからも続くであろう自身の戦いの意義を彼は見失いかけるのであった。

 本来、千堂疾風を油断させてから抹殺してしまおうという八田飛雄の作戦。その作戦は、殺人衝動を強化された自らの姉の手により完全に機会を逸してしまった。
 八田飛雄は八田伊那子に詰問する中で、姉がもう違う存在に成り果ててしまったことを強く実感する。
 その事実は、千堂疾風が負った以上に、八田飛雄の心に深い傷をつけるのであった。

 千堂疾風――仮面ライダーRUINと八田飛雄――ヒュスドホッパーは、それぞれの傷が癒えないまま再び戦いを再開した。
 依然として戦いはヒュスドホッパーに有利な状態で進んだ。しかし戦闘の最中、迷い込んできた子供をすら犠牲にしようとする姉の姿に、八田飛雄は戦意を完全に喪失するのであった。
 見兼ねて弟を自分の体へと取り込み、強化形態へと変化する八田伊那子。しかし、その行動は八田飛雄によって阻害されてしまう。
 八田飛雄の願いを聞き届け、仮面ライダーRUINは伊那子もろともその体を破壊するのであった。

 完全に失敗してしまった八田飛雄との差は、結果が出てしまったか否かに過ぎない。
 しかし、その小さな違いがはっきりと明らかになるまでは戦いを続ける。仮面ライダーRUINはそう決意し、かつて幸せな家族が暮らしていた廃屋を去るのであった。


場面

<場面1>

(以下準備中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。