第6話プロット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(「場面」は準備中)

「仮面ライダーRUIN」第6話プロットライン

(ライター:管理人)

登場人物

 千堂疾風(23) 『MESSIAH』首領の息子。主人公

 八田飛雄(22) 仮面ライダーRUIN抹殺のために送られた刺客。正体はバッタ型怪人ヒュスドホッパー(雄)
 八田伊那子(24)八田飛雄の姉。正体はバッタ型怪人ヒュスドホッパー(雌)

 『MESSIAH』首領       秘密結社『MESSIAH』 首領
 バッタ型怪人ヒュスドホッパー(雄) 秘密結社『MESSIAH』 幹部怪人
 バッタ型怪人ヒュスドホッパー(雌) 秘密結社『MESSIAH』 幹部怪人



話のあらすじ

 旅の途中、千堂疾風は立ち寄った街で『MESSIAH』の刺客・バッタ型怪人ヒュスドホッパーからの奇襲を受ける。
 変身して応戦する千堂疾風――仮面ライダーRUIN。自分への傷をまるで気に留めないヒュスドホッパーに、仮面ライダーは苦戦を強いられる。
 そんな中、戦いに紛れ込んできた子供をかばって、青年・八田飛雄が傷を受けてしまう。
 興ざめして立ち去るヒュスドホッパー。変身を解き、千堂疾風は病院を毛嫌いする八田飛雄を治療するため廃屋へと移動した。

 八田飛雄は両親を事故でなくし、姉もまた医療ミスでなくすという悲しい過去をもっていた。
 今は医者を目指して勉強に励んでいるという八田飛雄。そこには家族との離別という経験の他に、姉から聞いた仮面ライダーの存在があった。
 千堂疾風は、戦う者と命を救うものという方向性の違いこそあるものの、同じ存在に憧れる八田飛雄に親近感を抱くのであった。

 久しぶりに心穏やかな時間を過ごす千堂疾風。
 しかしそんな束の間の休息は、再び襲いかかってきたヒュスドホッパーによって破壊されてしまう。
 八田飛雄を逃がし、千堂疾風は仮面ライダーRUINとなってヒュスドホッパーと戦闘を開始する。
 善戦する仮面ライダーRUINであったが、そこにもう1体のヒュスドホッパーが現れ、状況は逆転する。
 2体の連携攻撃の前に敗れる仮面ライダーRUIN。しかし、そんな彼に追い打ちをかけるような事態が起こる。
 あとから現れたヒュスドホッパー。その正体は八田飛雄だったのである。


場面

<場面1>

(以下準備中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。