第4話プロット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(「場面」は準備中)

「仮面ライダーRUIN」第4話プロットライン

(ライター:管理人)

登場人物

 千堂疾風(23) 『MESSIAH』首領の息子。主人公

 水戸徹(18)   高校生。

 『MESSIAH』首領     秘密結社『MESSIAH』 首領
 ナメクジ型怪人スラフラッグ    秘密結社『MESSIAH』 幹部怪人
 戦闘員             秘密結社『MESSIAH』 構成員



話のあらすじ(検討段階)


 健康状態にあった人間が突然動脈硬化や心筋梗塞で血管を詰まらせ、次々に死んでいく怪事件。その裏には、秘密結社『MESSIAH』の体質改造実験が潜んでいた。
 ナメクジ型怪人スラフラッグの粘液には、接種した人間の体を変化させてしまう作用がある。
 『MESSIAH』はその粘液を用いて、水分の過剰排出を促すように人間の体質を改造していたのだ。
 しかしそれは試験段階にすぎなかった。『MESSIAH』の最終目標は、粘液を接種した人間の体が溶けて消えてしまうように改造することにあったのだ。

 高校生・水戸徹の両親は人間溶解作戦の最初の犠牲者となってしまう。
 死ぬ直前に両親が言い残した言葉から、彼らが殺されたことを悟った水戸徹。彼は単身で事件の調査を探り、スラフラッグの粘液を混入させた納豆食品がバラまかれようとしていることを突き止める。
 スラフラッグに襲われるも、同じく事件の調査を行っていた仮面ライダーRUIN――千堂疾風の助けにより、水戸徹はその一命を取り留め、仮面ライダーRUINに『MESSIAH』の作戦の全貌を伝える。

 仮面ライダーRUINと水戸徹の協力により、『MESSIAH』の作戦実行は防がれ、スラフラッグは倒された。
 両親がいないでも強く生きていく決意をした水戸徹を見届け、仮面ライダーRUINは次の街へと向かう。

場面

<場面1>

(以下準備中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。