第3話プロット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(「場面」は準備中)

「仮面ライダーRUIN」第3話プロットライン

(ライター:管理人)

登場人物

 千堂疾風(23) 『MESSIAH』首領の息子。主人公

 サトリ(14)  ヒヒの孫である少年。中学生

 『MESSIAH』首領   秘密結社『MESSIAH』 首領
 ヒヒ型怪人フィアバズーン  秘密結社『MESSIAH』 幹部怪人
 戦闘員           秘密結社『MESSIAH』 構成員



話のあらすじ


 少年・サトリ。彼は妖怪ヒヒの孫として現代に生きる、体の4分の3が人間、残る4分の1が妖怪の少年であった。
 彼が住まう狭い村で、この事実を知らないものはいない。
 そして、サトリの親がそうであったように、彼を人間としてみるか、もしくは妖怪の血が混ざった人間としてみるかで村は大きく二つに分離していた。
 親しみをもって接してくれる人々と、それに相反して厳しく接する人々。その間で板挟みにあうことよりも、自分のために人々が仲をこじらせていくことに、サトリは苦悩していた。

 そんなサトリの前に、秘密結社『MESSIAH』が現れる。彼の体に混じる、妖怪の血に目をつけた『MESSIAH』は、サトリにその地を提供するよう申し出る。
 申し出を断るサトリであったが、『MESSIAH』の巧みな口車に乗せられた一部の村人の手によって、サトリの血は『MESSIAH』の科学者たちの元へと渡ってしまう。
 サトリの血を解析して作られた改造人間フィアバズーンの手によって、村は『MESSIAH』の実験地として支配下に置かれることとなる。『MESSIAH』に抗うことのできない人々の怒りは、次第にサトリの方へ向かっていった。
 自分への態度が憎しみへと収斂していく。自分が好かれているか好かれていないかを気にしないで良くなった今の状態に、サトリは少なからずの安堵を感じていた。

 悩むことをやめ、牢獄での幽閉生活を続けてきたサトリ。幽閉生活の末に、サトリは『MESSIAH』と戦いを続ける仮面ライダーRUINと出会う。
 仮面ライダーRUIN――千堂疾風との会話の中で、自分が今まで取っていた態度が己の弱さゆえのものだという考えに至ったサトリは、牢獄からの脱出を決意、フィアバズーンを倒すことを決意する。
 サトリは仮面ライダーRUINとの協力の末、フィアバズーンを退け、『MESSIAH』の支配から村を解き放つ。
 自分に対する良い評価も悪い評価も受け止める強さを手に入れたサトリを見届け、仮面ライダーRUINは村を後にした。

場面

<場面1>

(以下準備中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。