第9回生放送(6月4日)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<第9回放送の記録>(コミュニティより転載)

企画に登場する敵改造人間について

 案として、毒蟹型改造人間を登場させてはどうかというアイディアが出た。
イメージとしてはスベスベマンジュウガニ(ちなみに、みんなのうた「恋のスベスベマンジュウガニ」を視聴しながら作成)。
硬い甲羅と大きな鋏(はさみ)、泡といった他に、体表が毒で覆われているという設定が出た。

任務は海底資源の採集、海中からのタンカー襲撃、そして海底の『MESSIAH』施設の守護である。
施設に関しては、
1.新しい毒細菌の生成(毒蟹型改造人間の毒は、これのプロトタイプ)
2.怪人プラント
という二つのアイディアが出ている。現在は、この二つを組み込もうという案が出ている。

毒蟹型改造人間の登場話について

 仮面ライダーRUINとの戦いについてはイメージが大体固まっており、圧壊しつつある海底施設での戦闘になる。
毒蟹型改造人間である敵に対して、仮面ライダーRUINの装甲は海底の水圧には耐え切れず、事実上の時間制限がある。
それに加え、人質として研究員(施設の情報を主人公へリークした人物)に捕らえており、
主人公は決死の戦いを強いられることになる……というのがあらすじになる予定である。

マッコウクジラの改造人間について

 上記の改造人間の設定を受けて、「マッコウクジラは超音波で餌をマヒさせるらしいんだ」との発言があった。
他の仮面ライダー作品を調査して、あまり出ていないようなら企画に取り入れていきたい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。