第1話プロット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(「場面」は準備中)

「仮面ライダーRUIN」第1話プロットライン

(ライター:管理人)

登場人物

 千堂疾風(23) 『MESSIAH』首領の息子。主人公
 石野沙耶(23) 『MESSIAH』幹部。千堂疾風の幼馴染

 『MESSIAH』首領  秘密結社『MESSIAH』 首領
 亀型怪人ファイズトータス 秘密結社『MESSIAH』 幹部怪人
 戦闘員          秘密結社『MESSIAH』 構成員



話のあらすじ


 世界征服を企む秘密結社『MESSIAH』首領の息子にして改造人間・千堂疾風。
 『MESSIAH』の幹部として活躍していた彼は、ある日、対『MESSIAH』同盟からの攻撃を受けたことにより、
 施されていた記憶処置に異常をきたすようになってしまう。改造手術前の倫理観が時たまに蘇り、千堂疾風は人間を殺すことに躊躇いを感じるようになる。
 千堂疾風の記憶処置異常の報告を受けた『MESSIAH』首領は、千堂疾風の処分命令を下す。

 その処分に不服を申し立てたのは、千堂疾風のパートナーであり幼馴染・石野沙耶である。
 石野沙耶は首領を説得し、首領も表向きには千堂疾風の処分を取り消すこと了解する。
 しかし、『MESSIAH』首領は密かに亀型怪人ファイズトータスを呼び出し、千堂疾風、そして石野沙耶の破壊命令を下したのであった。
 千堂疾風との共同任務中に、ファイズトータスは千堂疾風に致命傷を与える。
 トドメが刺される寸前、千堂疾風の危機を察知した石野沙耶が彼の窮地を救う。命からがら、彼女は千堂疾風を連れてその場から逃走する。
 逃走の果て、重傷を負わされてしまう石野沙耶。共倒れになってしまうことを防ぐため、彼女は自分の部品を千堂疾風に移植し、
 彼だけを生きながらえさせることを決意する。

 目を覚ました千堂疾風は、傍らに石野沙耶の亡骸が横たわっているのを見て、彼女が自分を救うための犠牲となったことを悟る。
 石野沙耶の亡骸を抱きしめた千堂疾風には、『MESSIAH』に対する怒りの炎が燃えたぎっていた。
 再びファイズトータスと対峙した彼は、『MESSIAH』という巨悪を打ち倒す仮面の戦士・仮面ライダーRUINとして名乗りをあげる。
 死闘の末、ファイズトータスを打ち倒す仮面ライダーRUIN。
 自分の行き場を失った彼は、一人街中へと消えていく。


場面

<場面1>

シーンタイトル:その名は『MESSIAH』
場面:街中
時間:夜
登場人物:
 サングラスの男(『MESSIAH』の構成員)
 千堂疾風
 石野沙耶
 大学教授
プロット:
 大学教授は自分の息子のために誕生日プレゼントを買い、帰路についていた。
 しかしその途中、大学教授は突然現れたサングラスの男に呼びとめられる。
 彼は、以前から協力の依頼をしていた大学教授に対して返事の催促をしにきた、秘密結社『MESSIAH』の構成員であることを告げた。
 大学教授は口に笑いを含ませて、その場を立ち去ろうとする。
 「残念です」と呟くサングラスの男。その発言を待っていたかのように、千堂疾風が現れる。
 目の前に現れた千堂疾風を押しのけて退場しようとする大学教授。しかし、改造人間である千堂疾風の体はびくともしなかった。
 大学教授の首元を掴み上げる千堂疾風。首を締め付けられ、息子へのプレゼントを地に落とす大学教授。
 念押しに、組織への協力はしてもえないかと尋ねるが、大学教授は怒り、それを断る。
 千堂疾風は「残念だ」と言って、その姿を改造人間のものへと変える。
 大学教授の「化け物」という声がする。画面をフェードアウトさせる。大学教授の断末魔が上がった。

備考:
 大学教授は、他の協力を断っている者たちへの見せしめのために殺された。

伏線:
なし

場面2

<場面2>
シーンタイトル:ニュースで語られる『MESSIAH』
場面:一般の家庭
時間:朝の時間帯
登場人物:
 一般の家庭(母親、小学生の娘)
 ニュースキャスター
プロット:
 場面1での大学教授が変死体として発見されたことが、テレビのニュース画面でなされている。
 しかし変死体のニュースは朝の風景に溶け込んでしまっていて、一般人が気にすることはない。
 娘が朝ごはんを残そうとしているのを叱る母親。

備考:
 場面1から3日が経過している。

伏線:
なし

場面3

(以下準備中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。