異なるステークホルダー間のネットワーキング

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NPO法人環境経営学会

「社会の持続可能性な発展に向けて、具体的に、何をいつ、どうすればよいのか、対応と戦略のプロセスを明らかにする」を目的にして2000年10月に発足。事業者と市民が一致協力して環境保全に努め、資源を効率的に使い、循環型社会を築いていくために、学会、シンクタンク、産業界、行政、市民、言論界の有職者が一同に介して、実践での活用を念頭においた方法論や手法の体系的研究、調査、情報発信などを行っている。
http://www.smf.gr.jp/
(投稿者:タカコ)

環境リレーションズ研究所

環境に関わるさまざまなリレーションシップをつなぐことにより、 環境保全のためのインフラを創造し、以って環境保全に永続的に資することを社会的使命としいる。

法人向け

プロモーション、コミュニケーション、マネジメントシステムに関する事業支援を行う。

個人向け

エンターテイメント、ファッション、ヒューマンネットワークとしての「環境」を提案する。
http://www.env-r.com/index.php
(投稿者:タカコ)

ESD-J

「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)は、「ESDの10年」を追い風に、持続可能な社会のための教育を推進するため、2003年6月21日に発足したネットワーク組織です。2004年12月10日に特定非営利活動法人となりました。環境・開発・人権・平和・ジェンダーなど、様々な社会的課題にたずさわるNGO・NPOや個人が集い、共有すべき教育・学習のかたちを模索し、それを実現していくことを目的としています。そして政府や自治体、企業、教育機関などと協働・連携し、ESDを推進していきます。
http://www.esd-j.org/
(投稿者:タカコ)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

MAIN INDEX









更新履歴

取得中です。