情報発信

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Japan For Sustainability

日本中から多くの環境情報を集め、その中から毎月30本の環境情報を日本語と英語で発信し、毎月日本語・英語のニュースレターを174カ国数千人のオピニオンリーダーたちに届け、海外からの問い合わせに答え、海外との連携を深め、年に10近いイベントを実施している。
http://www.japanfs.org
(投稿者:タカコ)

オルタナ

環境やCSR(企業の社会責任)にフォーカスしたビジネス情報誌です。ウェブベースではなく、隔月発行で購読可能。
http://www.alterna.co.jp/whats.html
(投稿者:タカコ)

サステコ

持続可能な社会を創るための「回覧する」フリーマガジンです。 全国の大学生や環境サークルのメンバーが「特派員」となり、配布や効果測定を実施し、全国の大学生協の食堂や売店にて設置、配布し、回収を実施している。回覧式という新しい手法のフリーマガジンであるが、ウェブベースではないので、どのようになっているのか、ワタナベはよくわからない。しかし、将来を担う大学生を対象に、環境問題をはじめとした社会的課題に視野を向けてもらい、「自分の未来を創るための行動は楽しい。おしゃれだ。」という価値観にシフトしてもらうことを目的としているらしい。
http://susteco.jp/
(投稿者:タカコ)

BioCity

生命都市」時代の環境と地域づくりを考える総合誌
「Bio City(ビオシティ)」は、人間や動物、植物の生命にとってのよりよい環境作りを提案。市民レベルの自然保全・復元の動きと、国家レベルとなったエコロジー政策を取り上げる。人間の営みと自然資源システムとの調和を考える人々の応援と、相互コミニュケーションを図っていく。海外や日本の例をとって、共存共栄の「ビオトープ」という概念がどのように育まれ、そしてそれがどのように実践されているのかを毎号紹介していく。その領域は、生態学を中心に、建築や教育、行政改革、民族学的なものなど非常に多岐に広がる。子供たちの時代へ向けたエコロジカルな地域づくりの総合誌
http://www.biocity.co.jp/
(投稿者:タカコ)

EICネット

国立環境研究所の環境情報・案内サイトです。カテゴリが自然環境、地球環境、大気環境、水・土壌環境、健康・化学物質、ゴミ・リサイクル、エネルギー、エコビジネス、環境教育、環境行政、環境一般と別れており、情報量はかなり充実している。
http://www.eic.or.jp/
(投稿者:タカコ)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

MAIN INDEX









更新履歴

取得中です。